カテゴリー別アーカイブ: 呉川町

〒659-0051 呉川町 町名の由来

呉川の名は朝鮮半島のカラやクレの渡来人の活躍の地であったことからと思われます。

当時は芦屋浜を漢人(からひと)の浜とも呼ばれていました。

大和朝廷は当時の先進国であった朝鮮から技術者を呼び

武器や農機具、織物などを作らせました。

平安時代の有力者名簿があって、芦屋漢人(あやひと)や芦屋蔵人(くらひと)の名前が載っているようです。

小字名が御所の内が町の北西部で、南には小字名御所谷・呉川町川・西呉川・下呉川があり、これらの間を大溝川が流れていました。

この川から大阪城の石垣用の石が切り出されて、大溝川の水運を利用して運ばれたそうです。

(参考文献:「あしや子供風土記、第6週、芦屋の地名をさぐる」財団法人 芦屋市文化振興財団編)

659-0051 呉川町

 

写真:アイキャッチは呉川町にある「あしや温泉」です。1993年に温泉を発掘してできた温泉で、翌1994年の阪神・淡路大震災時には、仮設の被災者たちの恵みの温泉でした。芦屋市の経営する公共温浴施設です。

呉川町

 この町ページは呉川町の由来や町内マンション、そして町内の風景などの環境そして学校や公園などの町内施設やFacebookなどのソーシャルメディアをシェアしたトピックなども紹介します。

 町名の由来

呉川の名は朝鮮半島のカラやクレの渡来人の活躍の地であったことからと思われます。当時は芦屋浜を漢人(からひと)の浜とも呼ばれていました。大和朝廷は当時の先進国であった朝鮮から技術者を呼び武器や農機具、織物などを作らせました。平安時代の有力者名簿があって、芦屋漢人(あやひと)や芦屋蔵人(くらひと)の名前が載っているようです。小字名が御所の内が町の北西部で、南には小字名御所谷・呉川町川・西呉川・下呉川があり、これらの間を大溝川が流れていました。この川から大阪城の石垣用の石が切り出されて、大溝川の水運を利用して運ばれたそうです。

(参考文献:「あしや子供風土記、第6週、芦屋の地名をさぐる」財団法人 芦屋市文化振興財団編)

 呉川町エリアマップ

 呉川町内マンションの一覧

 町内にある分譲型のマンションを新築 (未竣工) マンションや築浅(築5年以内)マンションから中古マンションの一覧をリストしています。このリンクをクリックすれば個別の客観的なマンションデータを確認することができます。

 呉川町内の環境を知る

町内にある緑などの自然の風景や地理などの投稿写真などをリストしています。

 呉川町内の公共施設を知る

町内にある学校や保育園、公園やランドマーク的な商業施設などの投稿写真をリストしています。

 呉川町内のトピックを知る

     Facebookから 

    芦屋、この町が好き」のシェアなどです。

    ※なお 最新 の投稿は紹介タイトルのリンクからもご確認ください。

     

    芦屋さくら百景71 | 呉川町

    芦屋さくら百景71 | 呉川町

     

    山峡に咲ける桜をただ一目君に見せてば何をか思はむ
    大伴家持|万葉集

     

     

    ここ宮川町です。宮川沿いに桜並木があります。

    はるか河口付近には高浜町のシーサイドタウンが見えますね。

    この宮川を下って芦屋中央公園まで行くと若葉町や高浜町の桜樹林が見られます。