: 宮川町

宮川町

町名の由来

宮川に沿って、42号線の北、常盤橋を西に入った地域が宮川町です。

宮川の下流には金刀比羅神社があったので宮川の名前ができ、

この宮川の名前をとったのが宮川町の町名になったのです。

ここには兵庫県文化の父ともよばれ、詩人として活躍した富田砕花(さいか)の旧居があり、

芦屋市より公開されています。

この旧居には文豪谷崎潤一郎が暮らしたこともあったようです。

 

 

 

最近の投稿20件