カテゴリー別アーカイブ: 打出小槌町

町名の由来

「摂陽群談」(1701年)に「むかし、打出村にお金持ちがいて、小槌を振ると願い事がかなうという宝物でした。」

とありました。

打出小槌町以外にも打出の地名がついていたのですが、小槌町だけは昭和43年の住居表示制度で、ここだけはめでたい地名を残そうと地元の要望もあって残ったのです。

ブランズ芦屋打出小槌町 | 打出小槌町

ブランズ芦屋打出小槌町 | 打出小槌町

住居表示 | 〒659-0028 兵庫県芦屋市打出小槌町3番17号

 

ブランズ芦屋打出小槌町

東急不動産の分譲新築マンションです。

※公式サイトはhttp://sumai.tokyu-land.co.jp/branz/uchide-koduchi/index.html

住まう方の美意識を物語る、格調高い邸宅。

時を超え、人々が羨望の眼差しを向け続ける芦屋の地に誕生する「ブランズ芦屋打出小槌」。開放的な二方角地という敷地形状を活かし、南面と西面それ ぞれに異なる表情を持たせることで、風格に満ちた存在感を演出しています。まるで昔からこの地にあったかのように、歴史ある街並みに優しく溶け合いなが ら、現代を生きる大人の感性に呼応するモダンな邸宅。道行く方々の視線を捉えてやまないその姿は、時を経ても色褪せることなく、街の新たな景観のひとつと してかけがえのない“財産”となります。(上記サイトより引用)

 

 

西国橋|打出小槌町

西国橋|打出小槌町

 

ここは打出小槌町を通る

旧西国にある「西国橋」です。

宮川にかかっている橋のたもとには、

このあたり黒猫や三毛猫などが

たむろ?しています。

そのせいかパワースポット感があって、

昔からの祠もあります。

「芦屋の伝説」もご覧ください。

 

 

 

西国橋|芦屋の伝説

659-0028-1 西国橋|芦屋の伝説

西国橋ここ打出小槌町にあり、宮川に架かった小さなこの「西国橋」が京の都と芦屋を結んだ西国街道なのです。

山陽道とも呼ばれて、九州の大宰府と京を繋いだ国道でした。

西宮から打出小槌町で付近で本街道と浜街道に分かれます。

ここ打出小槌町でには昔一本松の老木があって、参勤交代の行列もここで一服したそうです。

いまも宮川の西国たもとには地蔵堂がのこり、黒いのら猫がのんびりとうたたねをしています。

この近くにはガーデニングの二楽園やロイヤルホストがあります。

昔大きな市場もこの二楽園あたりにあったそうです。

 

※参考「業平と芦屋100浪漫」

 

 

芦屋さくら百景25 | 打出小槌町

芦屋さくら百景25 | 打出小槌町

 

侍が酔て花見の興がさめ
江戸川柳

 

 

打出小槌町は打出天神社正面にある桜の門のようです。

近くには打出小槌幼稚園、市立図書館、フレンチレストランやケーキ屋さん、

それにあのお猿の公園もあって

お散歩に良い場所ですよ。

芦屋さくら百景24 | 打出小槌町

芦屋さくら百景24 | 打出小槌町

 

猿のよる酒家きはめて桜かな
其 角

 

 

ここはあの村上春樹の短編に出てくる「お猿の公園」です。

奥の方にはお猿の檻が残っていますが、今は飼っていません。

桜も見事なえだっぷりで、夏にはクマゼミの合唱でにぎやかです。

ヤンママの公園デビューも多いですね。

 

芦屋さくら百景23 | 打出小槌町

芦屋さくら百景23 | 打出小槌町

 

翌日しらぬ身の楽しみや花に酒
井 月

 

 

ここは打出小槌町にあるお猿の公園(打出公園)の桜です。

すべり台や遊具も味わいがあります。

奥は市立教育文化センターにある図書館で、

石の建物は重要文化財になっています。