: 春日町

春日町

町名の由来

「打出名所はかずかずあれどわけて名高い黄金塚」とうたわれたのが、阪神打出駅にちかい金津山古墳です。

この古墳がある春日町は、小敷・寺開地・小松原・馬場などの小字からなっていました。

寺開地にあった春日神社がその町名の由来ですね。

昭和48年からの春日土地区画整理事業で鳴尾御影線が延長されて、

旧街道が確認できるのは宮塚町や打出小槌町、春日町の一部だけです。

春日町には昔を偲ばせる道標やお地蔵さんが残っています。

たくさんの人がこの街道を行き来しました。

 

最近の投稿20件