カテゴリー別アーカイブ: 打出町

町名の由来

打出大東町と打出南宮町の一部が打出町となりました。

阪神打出駅の西側で線路の南側のエリアです。

むかし、西国街道を旅した人々が京を出て初めて海に打出たことから打出の知名になりました。

交通の要衝でもあり、人々が白砂青松の眺めを愛でた憩いの休み処でもあったのでしょうね。

町内には阿保親王にゆかりの親王寺があり、親王塚から発掘された古墳時代の遺物や書き物が残されているそうです。

親王寺 | 打出町

659-0022-3-21 親王寺 | 打出町

 

住居表示 | 〒659-0022 兵庫県芦屋市打出町3番21号

阿保山親王寺、国道43号線のすぐ北側にあります。

言い伝えによると在原業平の父君である阿保親王がこの地に住んでいたとことから、

1500年前の平安時代に建設されたそうです。

時代が江戸時代になり、

阿保親王の子孫である長州(山口県)の毛利の殿様が

参勤交代の折にはここに立ち寄って

宝物を贈ったりされたそうですよ。