カテゴリー別アーカイブ: 奥池南町

〒659-0004

町名の由来

昭和36年9月に芦屋と有馬温泉をつなぐ有料の芦有道路(芦有ドライブウェイ)が開通しました。

標高500メートルの奥池周辺にも保養所や別荘がたって、

その南側にも新しい別荘地である芦屋ハイランドができました。

奥池町と奥池南町は、ここ六甲山系で最も美しいといわれた奥池、野鳥や植物の宝庫に接してます。

奥池南町の中に奥池、奥山貯水池があります。遊びの広場や奥池園地などレジャースポッともあります。

町名の由来はこの奥池の名前をとったものですね。

池の畔に猿丸安時の祠と碑があります。

江戸時代、ふもとの村の田畑が水不足になるのを見かねて奥池を掘削し、水の神様をまつったものとされています。

昭和46年4月には市民生活に必要な水を貯える奥山貯水池が奥池に並んでつくられました。

ちなみに芦屋市の上水はここのほか尼崎市内にある阪神水道企業団(阪神間各市の共同運営)の浄水場からも供給されているそうです。

659-0004 奥池南町

 

写真:アイキャッチは奥池町方面を開森橋から望んだ奥山の画像です。この奥が奥池や奥池南町になります。

奥池南町

 この町ページは奥池南町の由来や町内マンション、そして町内の風景などの環境そして学校や公園などの町内施設やFacebookなどのソーシャルメディアをシェアしたトピックなども紹介します。

 町名の由来

昭和36年9月に芦屋と有馬温泉をつなぐ有料の芦有道路(芦有ドライブウェイ)が開通しました。

標高500メートルの奥池周辺にも保養所や別荘がたって、

その南側にも新しい別荘地である芦屋ハイランドができました。

奥池町と奥池南町は、ここ六甲山系で最も美しいといわれた奥池、野鳥や植物の宝庫に接してます。

奥池南町の中に奥池、奥山貯水池があります。遊びの広場や奥池園地などレジャースポッともあります。

町名の由来はこの奥池の名前をとったものですね。

池の畔に猿丸安時の祠と碑があります。

江戸時代、ふもとの村の田畑が水不足になるのを見かねて奥池を掘削し、水の神様をまつったものとされています。

昭和46年4月には市民生活に必要な水を貯える奥山貯水池が奥池に並んでつくられました。

ちなみに芦屋市の上水はここのほか尼崎市内にある阪神水道企業団(阪神間各市の共同運営)の浄水場からも供給されているそうです。

 奥池南町エリアマップ

 奥池南町内マンションの一覧

 町内にある分譲型のマンションを新築 (未竣工) マンションや築浅(築5年以内)マンションから中古マンションの一覧をリストしています。このリンクをクリックすれば個別の客観的なマンションデータを確認することができます。

奥池南町全体にマンションはございません。別荘地が中心でマンションの建築対象区域ではありません。

 奥池南町内の環境を知る

町内にある緑などの自然の風景や地理などの投稿写真などをリストしています。

/

・奥池南町の奥池風景(Google street view)

奥池南町の俯瞰画像(google航空写真)

 奥池南町内の公共施設を知る

町内にある学校や保育園、公園やランドマーク的な商業施設などの投稿写真をリストしています。


・奥池ロッジ

奥池ロッジ」は民間の運営です、宿泊や研修施設があります。

・奥池遊びの広場

芦有ドライブウェイが運営のバーベキューなど自然の中で遊べる「奥池遊びの広場https://www.bbqgo.jp/spot/id=6412」です。自販機や屋根付きのエリアもあります。3月末オープンで土日のみ運営です。

 奥池南町内のトピックを知る

    Facebookから(引用シェアは「芦屋、この町が好き」)などからです。

    ※なお 最新 の投稿は紹介タイトルのリンクからご確認ください。

    横田 哲也さん】

     奥池にお住まいの横田哲也さんの投稿「芦屋百景」をシェアさせていただきました。お庭や奥池に咲く花をもう百景どころか、千景近くも投稿されています。(「芦屋のことなら何でも告知掲示板」で)