カテゴリー別アーカイブ: 業平町

〒659-0068

町名の由来

業平町の名前は、平安時代の在原業平(825-880)の別荘があったことからです。

「伊勢物語」には芦屋の里の美しい風景や業平の詠んだ和歌が書かれています。

業平町は明治の終わりごろ阪神芦屋駅ができて電灯がついたころ住宅地になったところです。

昭和2年に阪神国道(2号線)ができて、業平橋の上を阪神電車が走りました。

小字名の平足は業平の別荘があったところだそうです。大正橋の東詰めの松ノ内緑地に歌碑があります。

 

芦屋さくら百景91|業平町

芦屋さくら百景91|業平町

我が恋にくらぶの山のさくら花 まなく散るとも数はまさらじ
坂上是則|古今和歌集

 

いいですね、芦屋川の川床で女子会、子供連れの家族もお花見パーティーですね。

もう一献始まっていますか。

春の夕暮れの一幅の桜風景です。

場所取りしたい場所ですよね。

 

 

芦屋さくら百景90|業平町

芦屋さくら百景90|業平町

芦屋川の両岸は桜の名所です。

このあたり業平町にあの伊勢物語の在原業平が住んでいたのも由緒を感じます。

「世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし」(在原業平 古今和歌集)でしたね。

お花見の人ごみはきらいだったのでしょうね。

 

花見にと群れつつ人の来るのみぞあたら桜のとがにはありける
西行|山家集

芦屋市民センター | 業平町

659-0068-8-24 芦屋市民センター

兵庫県芦屋市業平町8番2号

芦屋市民センター、写真はその一部の「ルナホール」です。

 

このセンターは在原業平のお屋敷跡ともいわれています。

 

阪神芦屋駅、阪急芦屋川駅またJR芦屋駅から徒歩5分と、最高の立地にあります。

 

敷地内には「グリル業平」をはじめ、文化事業財団、公民館、社会福祉協議会があります。

 

隣にはコンベンションなどに使われる「ルナ・ホール」があります。

 

ルナホールホームページは http://www.city.ashiya.lg.jp/kouminkan/guide.html

芦屋川アーバンライフ | 業平町

659-0068-8-14 芦屋川アーバンライフ | 業平町

住居表示 | 〒659-0068 兵庫県芦屋市業平町8番14号

=====================================================


Googleマップを見る


Googleストリートビュー3Dで住環境を見る

※ブラウザのURL入力窓横の再読み込み(右回り矢印)ボタンで当初画面になります。