: 西芦屋町

西芦屋町

〒659-0085

町名の由来

小字名の寺田はお寺のところにあるたんぼです。

そのお寺は「塩通山法恩寺」(今でいう芦屋廃寺)という奈良時代の莵原郡(うはらのこおり)にあった大きなお寺です。

芦屋廃寺の北の丘には巨石の古墳があります。

南の平野には、寺田遺跡から古墳時代の集落が発掘されています。

また古代の官庁ではないかという建物や遺物が八苦sつされました。

江戸時代は西芦屋の中心の一つでした。

小字名の岸の下は、南のもう一段低い開墾地だったようです。

最近の投稿20件