カテゴリー別アーカイブ: 月若町

〒659-0084

 

町名の由来

月若町から西芦屋町・三条町のエリアは、古くからの古墳やムラの遺跡があります。

月若遺跡はこのムラのあとです。

「月若」は人名で謡曲「藤栄」の主人公で町名や月若公園・月若橋などはこの名前からですね。

小字名の古屋敷は武士の屋敷があったゆえでしょうか。

北ノ口・西ノ口・南ノ口はこの屋敷の入り口にあったと思われます。

ジ・アーバネックス芦屋 | 月若町

ジ・アーバネックス芦屋 | 月若町

 

住居表示 | 〒659-0084-71-1 兵庫県芦屋市月若町71番1(地番)

ジ・アーバネックス月若町
ジ・アーバネックス月若町

 

「公式」ジ・アーバネックス芦屋 Owners サイト

 

キャッチコピー 「芦屋市月若町・贅を尽くした全16邸の低層レジデンス」

販売提携(代理)阪急不動産

 

 

芦屋川風景 | 月若町

芦屋川風景 | 月若町

芦屋川右岸の芦屋川駅バス停留所付近からみた、芦屋っぽい風景です。

春にはお花見、夏には水遊びの親子連れ、

秋には紅葉した桜樹の下を犬を散歩させている光景、

冬には葦原もなくなって清か水が流れる風景が見れますね。

 

写真では風見鶏のビルが見えます。

芦屋川の両岸にはおしゃれなレストランやケーキ屋さんがあります。

もう少し阪神芦屋駅方向に下れば、ハイカラな教会の尖塔も見えます。

セーヌ川河畔みたいといったらいいすぎ?

ですよね、船も浮かんでいないし・・ノートルダム寺院もないし・・

 

芦屋さくら百景101|月若町

芦屋さくら百景101|月若町

徳富芦花の歌の碑がある月若公園の桜です。子供連れで大原町賑わいです。

由来の鎌倉時代の「月若」たちが桜花の舌で遊んでいるような風景ですね。

 

桜さく上野の岡ゆ見おろせば根岸の里に柳垂れたり
正岡子規

芦屋さくら百景100|月若町

芦屋さくら百景100|月若町

芦屋百景はこのページで完了です。

でもあとできれいな桜が撮れましたので芦屋さくら百景101以降も追加しております。

 

写真の左手前はルナホール、桜を愛でたあの在原の業平の居宅がこのあたりだったと伝えられています。

下流方向を臨んでいますが、このあたりの芦屋川両岸では春の桜祭りでにぎわいます。

薄暮のころのジャズ演奏をつまみに夜店のたこ焼きとビールもいいですね。

 

わきて見む老木は花もあはれなり今いくたびか春にあふべき
西行

芦屋さくら百景99|月若町

芦屋さくら百景99|月若町

芦屋川、老木の桜をドアップです。

今が盛りでしょう。

向こうの川べりを走るのは芦屋大学の送迎バスですね。

 

あしひきの山桜花日並べてかく咲きたらばいと恋ひめやも
山部宿禰赤人(やまべのすくねあかひと)|万葉集

※万葉集でよく詠まれている植物は、萩(138)、梅(119)、松(81)、橘(66)、
桜(41)と、桜はあまり詠まれていない。これは『万葉集』が成立したのが
遣唐使などにより大陸の文化の影響が大きかった奈良時代であったこと。
中国から伝来したばかりの梅が鑑賞されていたから。またこの時代、
桜と言えば山桜であった。桜はまだ眺める花というスタンスである。

引用※

俵美術館 | 月若町

659-0084-6-1 俵美術館659-0084-6-1659-0084-6-1659-0084-6-1 俵美術館

659-0084-6-1 俵美術館

 

兵庫県芦屋市月若町6番4号

 

俵美術館、芦屋月若町にある美術館です。

 

俵正市氏が収集した「矢立」(筆と墨壷のセット、筆用の携帯型筆記用具)を常設展示しています。