: 山手町

山手町

〒659-0096
町名の由来

小字名の山坂・笠ケ塚・奥山の一部が昭和19年1月に山手町になりました。昭和9年に開校の村立山手小学校の山手の文字から名づけられたようです。町内には奥山・有馬に行く芦有道路が走り、精道奥山線の急な坂の途中には米建築家フランク・ロイド・ライトの原設計によって大正時代に建てられた旧山邑(やまむら)家があります。この建物は国の重要文化財に指定されています。現在はヨドコウ博物館になっています。小字名の笠ケ塚は山手小学校の北にあって、弥生時代や古墳時代の土器が見つかっています。(出典:「あしやこども風土記 芦屋の地名をさぐる」より

最近の投稿20件